ヴァンがバンしてバーンした。

結論から言って物足りなかった。

これがクドカン作品?と心から疑った。

まだ二十余年しか生きたことがないちっぽけなジャニオタの感想だけど!でもそんな人でも十分に満足させてくれるのがクドカンであり、噂に聞いた新感線だと思っていたから尚ショックだった。

 

まずね、話がマニアックすぎる。話が1回で理解できないのはまずくない?それとも新感線ファンの方はリピーターが多くてそれ前提で作ってるの?それくらい話が分かりにくかった。但し何度も見に行くような気持ちにならない。作品に魅力を感じない。ところどころ何言ってるかわからないところがあったし、下ネタはまだいいけどクドカンワールドとか言って甘えるにも程があるなと思った。途中で中だるみして無理矢理3時間公演するなら、もっと短くコンパクトにすればいいのにと。こんなので目の肥えた新感線ファンは満足するの?とも思った。

 

なんだろう、設定に無理があるというか、設定をこちらに無理矢理、理解させようとする押し付けがましい感じをすごく感じた。それなら観客全員がスッとお芝居に引き込まれる、キャッチーな設定にすればいいのでは?そう簡単に行かないのかもしれないけど、それはないよ~!感がすごかった。

 

私の気持ちに反してツイッターで「ヴァンバンバーン」「VBB」「新感線」「イマイチ」「微妙」というような言葉を組み合わせてみても、同じような考えの人はまるでいない。やはり私が舞台を見るという経験をあまり踏まずに来ているから?みんなは舞台に満足したのだろうか?新感線のファンの方にお話を伺いたい。この今回の舞台のどこが魅力なの?そりゃところどころには笑える小ネタはあったけど。

 

厳しいこと言うけど、クドカン低迷期?ゆとりも暇つぶしに見る分にはよかったけど、素敵なキャストを使っている割に出来栄えは満点とは言い難かった。ごめんね青春!しか見たことない私が言うのも何だけど、ごめんね青春!を見た時の衝撃はすごかった。すごいドラマに出会ってしまった。これに出られている重岡くんすごい。このドラマを見てよかった。今年に入ってからのクドカン作品には、ごめんね青春!の感動の半分も感じられない気がした。

 

ジャニオタ的にもこの舞台は不満足(言ってみれば過去最悪)だったんだけど、それはまた別の話。